参考文献はこちら

2013年10月07日

とりあえず、とうせん坊

とうせん坊.jpg

とうせん坊(とうせんぼう)

岩手県に伝わる怪異で、
福井県の東尋坊伝説の一つ。

岩手県の寺院に「宗元」という僧侶がいた。

愚鈍だと皆から馬鹿にされ悩み続けていた彼は、
力が欲しいと願掛けをした。

望み通り強大な力を授かった「宗元」は
暴力により、悪事を働くようになった。

国を追われ、放浪の後に越前国に居つき
「とうせん坊」
と名乗って、そこでも悪事を働いたという。

困った人々は一計を案じ、
彼を酒盛りに誘った。

場所は「東尋坊」の断崖絶壁の上で、
酔いつぶれた彼を突き落として殺したという。

殺された「とうせん坊」の亡霊は吹き荒れる海風となり、
毎年の突き落とされたその日になると、
近くを通る船に災いを為すようになったという。


posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(3) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。