参考文献はこちら

2013年10月31日

とりあえず、蛇蛸

蛇蛸.jpg

蛇蛸(へびだこ)

北九州等の海岸に住む人々が目撃するという、
蛇が蛸に変化するという怪異。

蛇が水際でもがいていたり、
水際の岩で尾が裂けたりしているうちに、
蛸に変化しているという。

足の数が七つであったり、
頭の形が普通の蛸と異なる等といわれる。

蛸になってもすぐ死ぬともいわれている。

福井県では、蛇蛸だと知らずにそれを食べた女性が妊娠し、
夢の中のお告げで、
法華経を聴いて蛸に転生した蛇であると知ったという。

生まれてきた子供は高僧になったといわれる。

蛸が海蛇に擬態するという事は現実にあるが、
何かしら関係があるのだろうか。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

とりあえず、モウミ

モウミ.jpg

モウミ

青森県に伝わる妖怪。

八甲田山や岩木山に棲むといわれており、
怪異を起こすと人々から恐れられているという。

水の中に棲み、雨風を起こしては遺体を奪うといわれている。

奪った遺体をどうするのかは不明。

「火車」か「魍魎」の類か。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

とりあえず、視目嗅鼻

視目嗅鼻.jpg

視目嗅鼻(みるめかぐはな)

閻魔庁の「閻魔大王」の人頭幢(にんずどう)のこと。

人頭幢とは、
人の頭の付いた杖のことで、
「視目嗅鼻」は、男女の顔を載せたハタホコである。

「閻魔大王」は、
罪の重さをはかる天秤や
生前の姿を映す浄玻璃鏡、
「視目嗅鼻」によって亡者の善悪を見極めるという。

「見る目」が男、
「嗅ぐ鼻」が女で、
亡者を見て、臭いを嗅いで、
善悪を判断するという。

年越しの夜に現世にも出没する事もあったというが、
悪鬼として伝わっており、
人を攫い喰らったといわれている。

「閻魔大王」の原点とされる
「焔摩天」の持つ人頭幢が「視目嗅鼻」の原点といわれている。

「焔摩天」の人頭幢は、
亡者が正しいことを言えば笑い、
嘘を言えば険しい顔をするという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

とりあえず、キンマモン

キンマモン.jpg

キンマモン・君真物

沖縄県に伝わる神様で、
琉球神道の最高神であり
「最高の精霊」
という意味を持つ。

常世の国である
「ニライカナイ」
からやって来るといわれている。

海底を宮とし、
毎月現れて託宣するともいわれる。

この神には陰陽があり、
天より現れるのは
「キライカナイノキンマモン」で、
海より現れるのは
「オホツカケラクノキンマモン」
と呼ぶという。

彼方より時を定めてやって来る
「マレビト神」
であるともいわれ、
女性に憑依して人々の前に現れたこともあるという。

琉球王国の守護神
「キミテズリ」
は「キンマモン」の異名ともいわれている。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とりあえず、キミテズリ

キミテズリ.jpg

キミテズリ・君手摩

沖縄県に伝わる神様で、
琉球王国の守護神であったといわれる。

琉球王国の国王が新たに即位するときに、
安須森御岳(あすむいうたき)から現れるという。

その後、
クボウ御嶽、
斎場御嶽、
藪薩御嶽、
雨つづ天つづ御嶽、
クボー御嶽、
首里真玉森御岳の順に巡り、
各御嶽の神々の力を集め、
最高神女である
「聞得大君」に依り憑き、
新しい国王の前に一度だけ現れ、
徳を授けるという。

この神が現れる前に、
国頭の安須森に、
色鮮やかな涼傘「アヲリ」が出たという。

そのためか、
安須森は別名「アヲリ岳」と呼ばれるという。

沖縄の最高神
「キンマモン」
の異名ともいわれている。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

とりあえず、神マヤー(リクエスト)

神マヤー.jpg

神マヤー(かみまやー)

比嘉涼子著『沖縄マジムン図鑑』に紹介されている、
沖縄県に数百年居続けるという猫の神様。

「マヤー」とは「猫」のこと。

猫の姿をしており、
とても用心深く、
恥ずかしがり屋で、
世話好きだといわれ、
満月の夜に現れて深い知識を授けてくれるという。

「神マヤー」に逢えば、家が繁栄するという。

『沖縄マジムン図鑑』以外で
「神マヤー」の記述が見つからなかった為、
それ以外の詳しいことはわからなかった。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

とりあえず、片足ピンザ(リクエスト)

片足ピンザ.jpg

片足ピンザ(かたあしぴんざ)

沖縄県宮古島に伝わる妖怪。

「ピンザ」とは「山羊」の事で、
夜間の通行人もしくは車の後を、
一本足もしくは三本足の山羊が追いかけてくるといわれている。

足を無くした山羊が魔物(まじむん)となったもので、
交通事故によって失った、
食用の為足を一本切ったところで逃げ出した、
飛び跳ねていて一本足を折った、
等と様々にいわれる。

この妖怪に頭上を越されると、
人だと魂を取られて死んでしまう、
車だと交通事故に遭う、
といわれている。

背中に抱きついて驚かすだけだともいわれている。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

とりあえず、社日様

社日様.jpg

社日様(しゃにちさま)

田の神であり、保食神であるともいわれている。

春分秋分に最も近い戌の日である
「社日」
は雑節の一つで、
春の社日は
「春社(しゅんしゃ)」
秋の社日は
「秋社(しゅうしゃ)」
と呼ぶ。

「社日様」が
「春社」に天から田へ下りてきて
「秋社」に田から天へ上るという。

大食漢なので、
長い間田にいると食べられて不作になってしまう為、
「春社」と「秋社」の間が短い方が豊作になるといわれている。

近畿、中国地方では
五角形の石塔で祀られている所が多く、
正面に「天照大神」、
時計回りに
「大巳貴神」
「小名彦命」
「埴安媛命」
「倉稲魂命」
と刻まれている。

「春社」には仕事を休み、
土をいじらず、
「社日様」に供え物をして祭りを行うという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

とりあえず、四時婆

四時婆.jpg

四時婆(よじばばあ)

学校のトイレに出るという老婆の妖怪。

四時にトイレに入ると現れ、
閉じ込めるとか、
襲われる、
金縛り、
連れ去られる等といわれる。

「死」をイメージする「四」が繰り返される、
四月四日、四時四十四分四十四秒、
四番目のトイレを四回ノックすると現れるともいわれている。

三時に出るのは「三時婆」、
十二時に出るのは「十二時婆」とも呼ばれる。

「四時婆」は異次元である「四次元」に棲んでいるともいわれ、
「四次元婆」とも呼ばれる。

「赤い紙はいらんか」と尋ねてくる
「赤い紙青い紙」が融合した話もある。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

とりあえず、荼枳尼天・貴狐天王・辰狐王菩薩(リクエスト)

荼枳尼天.jpg

荼枳尼天(だきにてん)

「貴狐天王(きこてんのう)」
「辰狐王菩薩(しんこおうぼさつ)」
とも呼ばれる神で、
密教の一派、真言立川流の本尊でもある。

人の死を六か月前に知ることが出来、
その心臓を喰らうといわれている。

弁財天の眷属の一つともいわれる。

「平清盛」が狩りの途中に
「貴狐天王」と出会い、
弁財天の加護で財を得るために、
荼枳尼天の修法を行うようになったと『源平盛衰記』にある。

インド神話の「カーリー女神」の眷属である
「ダーキニー――空を歩く者の意――」
を由来とする。

人肉を喰らい、踊ながら空を舞うといわれる。

日本に渡り「荼枳尼天」となり、
白狐に乗った女の姿で描かれるようになったという。

後に日本では稲荷と習合、
荼枳尼の概念を含んだ稲荷信仰が全国に広まったといわれる。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

とりあえず、鬼娘(リクエスト)

鬼娘.jpg

鬼娘(おにむすめ)

黄表紙
『古々路の鬼(こころのおに)』
『鬼の趣向草(おにのしこぐさ)』
等で描かれる妖怪。

安永七年、
本所回向院で信濃国善光寺阿弥陀如来の出開帳が行われ、
その興業の一つである
「鬼娘」
という見世物にて登場した
「人間」
である。

頭に角の様な瘤を持つ女性が、
恐ろしい顔を見せるだけという見世物であったが、
大変評判となり、
偽物まで出るほどであったという。

見世物「鬼娘」が無くなった後でも、
多くの本が刊行されたために、
「鬼娘」は多くの人に知られる存在となったという。

黄表紙の「鬼娘」たちは美しい着物で着飾ったり、
恋をしたり、駆け落ちをしたりと大活躍である。

人間の妬みから生まれた
本物の「鬼」に恐れをなして逃げるという話もあるように、
「鬼」としての力はないようだ。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

とりあえず、サンジャクゴロシ

サンジャクゴロシ.jpg

サンジャクゴロシ

山梨県北杜市に伝わる蛇の妖怪。

南アルプス山中に棲んでいるという。

緑色をしており、
一尺センチ程の大きさで、
噛まれると三尺歩くことも出来ぬまま死ぬといわれている。

同種の妖怪に
「ヒバカリ」
「ヒカギリ」
「七歩蛇」
などがいる。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

とりあえず、ヒカギリ

ヒカギリ.jpg

ヒカギリ

徳島県三好市に伝わる妖怪。

山神や水神が蛇に変化した姿だといわれ、
首に輪を持つという。

噛まれればその日限りの命だといわれる。

執念深く、
この妖怪が仕留めた雉を横取りしたところ、
家まで追いかけてきたという。

同種の妖怪に
「ヒバカリ」
「サンジャクゴロシ」
「七歩蛇」
などがいる。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

とりあえず、ヒバカリ

ヒバカリ.jpg

ヒバカリ

愛知県南設楽郡長篠村
――現在の新城市に伝わる妖怪。

赤い色をした小さい蛇で、
噛まれれば、
朝なら晩に、
晩なら朝には死ぬといわれている。

実在の蛇である「ヒバカリ」は無毒であるが、
上記のように考えられていたことから、
そう名付けられたという。

同種の妖怪に
「ヒカギリ」
「サンジャクゴロシ」
「七歩蛇」
などがいる。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

とりあえず、状探し

状探し.jpg

状探し(じょうさがし)

愛媛県温泉群重信町
――現在の東温市に伝わる、
小雨の降る晩に出るという怪火。

松山の武家屋敷にて務めていた中間が、
主人より急ぎの状を頼まれたが、
その森にてその状を無くしてしまい、
探し続けたがそのまま死んでしまったという。

中間の執念は怪火となり、
提灯をかざして探し続けているように現れる様になったという。

明治まではよく見られたというが、
大正初期にはもう目撃されることも少なくなったという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

とりあえず、しろうずま

しろうずま.jpg

しろうずま

香川県綾歌郡綾上町
――現在の綾川町の牛川に伝わる妖怪。

白い石の様な姿をしており、
畑に積んである藁などを取り除くと、
そこにいるという。

棒などで叩こうとするとどんどん転がり、
気が付くと遠くの山の中まで連れて行かれてしまうという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

とりあえず、とうせん坊

とうせん坊.jpg

とうせん坊(とうせんぼう)

岩手県に伝わる怪異で、
福井県の東尋坊伝説の一つ。

岩手県の寺院に「宗元」という僧侶がいた。

愚鈍だと皆から馬鹿にされ悩み続けていた彼は、
力が欲しいと願掛けをした。

望み通り強大な力を授かった「宗元」は
暴力により、悪事を働くようになった。

国を追われ、放浪の後に越前国に居つき
「とうせん坊」
と名乗って、そこでも悪事を働いたという。

困った人々は一計を案じ、
彼を酒盛りに誘った。

場所は「東尋坊」の断崖絶壁の上で、
酔いつぶれた彼を突き落として殺したという。

殺された「とうせん坊」の亡霊は吹き荒れる海風となり、
毎年の突き落とされたその日になると、
近くを通る船に災いを為すようになったという。
posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(3) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

とりあえず、藤内狐

藤内狐.jpg

藤内狐(とうないぎつね)

鳥取県米子市の戸上山に棲んでいた化け狐で、
「七変化の玉」
で人を化かしていたという。

あるとき、両足院の和尚が、
京都の稲荷大明神の使いのふりをして、
騙して奪い、化けれなくした。

騙されたと気が付いた「藤内狐」は
仲間の変化の玉を借りて、
和尚を化かして「七変化の玉」を奪い返したという。

その後、「藤内狐」がある馬子を化かそうとしたところ、
逆に化かされ、尻を焼かれたという。

もう人を化かさないと約束して戸上山に帰った「藤内狐」は、
下を流れる法隆寺川に尻を付けて癒したといわれ、
それからその川の別名を
「尻焼川」
と呼ぶようになったという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

とりあえず、ゴンゴ

ゴンゴ.jpg

ゴンゴ

岡山県真庭郡湯原町
――現在の真庭市に伝わる河童で
「ゴンゴージ」
とも呼ばれる。

子供の様な姿で頭に皿がある等、
他の地域に伝わる河童と同じような姿をしており、
手を自由に伸びるといわれている。

赤子淵と呼ばれる場所に棲んでおり、
夜中に近くを通ると赤子の鳴き声が聞こえるという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

とりあえず、いなぶらさん

いなぶらさん.jpg

いなぶらさん

静岡県熱海市に伝わる妖怪。

晩秋から初冬にかけて海上から吹き付ける冷たい風雨を
「ナライシブタ」と呼び、
それが吹く頃、
神社下の御浜を通る人を攫い、
隠すという。

「いなぶら」は「稲叢(いなむら)」の事で、
名の通り稲叢のような姿をしており、
覆いかぶさってくるといわれる。

急いで逃げれば急いで追ってきて、
立ち止まれば立ち止まるという。

目撃した人も多いといわれ、
近くの家に逃げ込んで助かった人もいるという。

posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(2) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。