参考文献はこちら

2013年09月13日

とりあえず、猫神

猫神.jpg

猫神(ねこがみ・ねこがめ)

猫の憑き物で使役する家もあったといわれ、
大分県では犬神よりも危険とされる。

生じさせる方法としては、
三毛猫を縛り付けて前に鰹節を置き、
七日間絶食させて、
首をはねるという、犬神と似た手法をとる。

「猫神」は水を苦手とするとされ、
憑かれた人を首だけ出して一昼夜水に浸からせたところ、
離れたということもあるという。

山口県では死んだ猫の横を通ると憑くといわれており
「猫神うつんな。親子じゃないぞ」
と呪文を唱えると免れるといわれている。

群馬県勢多郡城南村
――現在の前橋市にあったという
「猫山」の「猫観音」は、
蚕や繭を食べる鼠の害を防いでくれる他に、
猫の怪異を防ぐ霊験もあったという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(4) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。