参考文献はこちら

2013年09月11日

とりあえず、三昧太郎

三昧太郎.jpg

三昧太郎(さんまいたろう)

富山県や石川県に伝わる怪異。

火葬場で死体を千体以上焼くと死霊が集まり、
人の様な形になるという。
それを「三昧太郎」と呼ぶ。

人間と相撲を取ったり、
死人が出る前に拍子木を叩くといわれている。

また「三昧太郎」が打つ杭の音を聞くと、
死人が出るという。



posted by 妖怪たま at 02:00 | Comment(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。